こだわりの素材




越後 柏崎 刈羽三山“米山”“黒姫”“八石”に囲まれた、山間の水田より契約栽培の“こがねもち米”を杵つきにより一臼一臼丁寧につきあげました。
こがね餅特有のコシの強さをご賞味ください。
   
笹だんご作りは笹を採ることから始まります。
地元の笹山より2番目から4番目までに出た笹を使用しています。笹は乾燥せずショックフリーザーにより、生のまま冷凍しています。
生笹は色あいもよく香りも際立っています。
   
小豆は北海道産“豊祝小豆”を手よりした大粒小豆を使用しています。
この小豆は北海道産の中でも皮が薄く大納言小豆より味に深みがあります。
その小豆を丁寧に洪切りをし、圧力鍋でふっくら炊き上げ、1晩〜2晩かけゆっくり蜜づけしたものをつぶあんとして練り上げます。
   
上白糖、グラニュー糖、特ザラ糖、トレハロースなど、用途に応じて7種類の砂糖を使用しています。
トレハロースは高純度結晶等でお菓子を始め化粧品等にも使われております。
   
3種類の小麦粉を使用。
中でもどら焼き、長崎カステラ、蒸しカステラなどに使用してる小麦粉はグルテンが非常に少ない“シルエット”を使っています。
焼き上がりの柔らかさが違います。